自己啓発書批評

 
『解毒剤 ポジティブ思考を妄信するあなたの「脳」へ』(オリバー・バークマン、東邦出版)における第2章「恐れているほど悪くはならない」(P33-)は下記のような奇妙な書き出しで始まる。

 ある春の朝、ロンドンの地 ...

ビジネス書, 自己啓発書批評

 私はかつてビジネス書・自己啓発書なるものを全く読まなかった。なんとなく胡散臭いと思っていたし、人生における「成功」「勝利」を過剰に唆すようなその態度が気に入らなかった。別に私は成功したいと思ったことはないし、何かに勝ちたいと思ったこ ...

自己啓発書批評

 人を「ポジティブ」と「ネガティブ」の二種類にわけるとしたら、私は圧倒的にネガティブである。
 とはいえ、常に後ろ向きなことを考えているとか、泣き言ばかりを言っているとか、生まれてきてごめんなさいとか、そういうことではない。 ...

ビジネス書, 自己啓発書批評

 「ポジティブでなくてはならない」
 「目標に向かって突き進め」
 「幸せを追求せよ」
 「わくわくすることを仕事にしよう」

 このような主張がイケイケ自己啓発本の常套句であるとすれば、本書『HEL ...

ビジネス書, 自己啓発書批評

『30代にしておきたい17のこと』という自己啓発系の書籍を読んだ。
 納得できることも書いてあったが、納得できないことも、わけのわからないことも堂々と記されてあった。というか、それが大部分だったと私は感じた。
 ここで ...

ビジネス書, 自己啓発書批評

 まず初めに明記しておきたいことは、私はこういった類の自己啓発書を普段、全く読まないということである。毛嫌いさえしているので、敢えて避けて通ってきた。
 特にこういったページが少なめで、本文の文字が大きめのいかにも読みやすい自 ...