アニメ, やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。, 俺ガイル完考察

俺ガイル完第5話「しみじみと、平塚静はいつかの昔を懐かしむ。」の考察をしていく。原作13巻の12〜95頁である。

約5,000字の長文となっていますが、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

他にも考察していま ...

アニメ, やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。, 俺ガイル完考察

俺ガイル完第4話「ふと、由比ヶ浜結衣は未来に思いを馳せる。」の考察をしていく。第1〜4話までが原作の12巻にあたる。

考えるべきことが山ほどあり、結果、10,000字を超えてしまった。本気を出して書いたので、ぜひとも最後ま ...

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。, 俺ガイル完考察

俺ガイル完(3期)第3話「やはり、一色いろはは最強の後輩である。」の考察をしていく。起承転結で言えば「承」の部分であり、物語がスムーズに進むので、盛り沢山だった第2話と比べれば考察すべき点はあまりなく、これまでの考察と比べれば文字数が ...

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。, 俺ガイル完考察

俺ガイル完、第2話「今日まで、その鍵には一度も触れたことがない。」の考察をしていく。過去回や原作、原作者のツイートを参考にしながらなるべく丁寧に読み解いていくつもりだ。本文は7500字の長大なものになってしまった。

長いで ...

アニメ, やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。, 俺ガイル完考察

いよいよ『俺ガイル完』が放送開始された。待っていた。
第1話「やがて、季節は移ろい、雪は解けゆく。」は原作12巻の150頁までが原典となっている。長文になりますが早速考察していきます。

他にも考察していますのでぜひ ...

アニメ, やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。, 俺ガイル原作考察

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』は14巻で完結となった。様々な見解があると思われるが、私なりの考察をした次第である。本稿は約13,000字の長文となっている。原作を2度読んで、考えられることは全て書いたつもりだ。是非とも最 ...

アニメ, 小説

アニメ『ココロコネクト』(2013年, 監督:川面真也)はとても良かった。なんやかんやアニメ本編とは関係ないところで騒動があったらしいけれど、そんなことはどうでもいい。とにかく良かった。あまりにも良かったので、続きの原作本を買って読ん ...

やんごとなきハウツー本, 働きたくない

『社会不適合で僧侶の究極ミニマル生活 くるま暮らし。』(静慈彰、飛鳥新社)は「お金がなくても生きていける」系の本としては個人的になかなかのヒットであった。

まず「くるま暮らし」というテーマが珍しく貴重である。そして、ハウツ ...

小説, 文学

ディーノ・ブッツァーティ(1906-1972, イタリア)は私が一番好きな小説家のうちの一人である。文庫化されているブッツァーティの短編集には下記の2つがある。

 
1.『七人の使者・神を見た犬 他十三篇』岩波文庫 ...

アニメ, やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。, 俺ガイル原作考察

 
『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル)13巻』の感想・考察をしていく。本巻のテーマは「共依存の関係を終わらせる」というところにあると思うが、それ以外にも考えるべきところが山ほどあるので、ひとつひとつをなるべ ...