飄々図書室

【書評・読書感想文】本にまつわるあれやこれや

「 笑える本 」 一覧

毛虫を裁判にかけて破門にする方法『動物裁判』

Photo by Rosino    1562年、パリ司教は、アルジャントゥイユ …

【書評】はちゃめちゃ・破天荒・爆笑『やし酒飲み』エイモス・チュツオーラ【著】

  2016/03/22    小説, 笑える本

 破茶目茶、支離滅裂、荒唐無稽、意味不明、おもしろい。  それが『やし酒飲み』で …

いやいやながら医者にされ

古典? 笑いに溢れたエンターテイメントだ『いやいやながら医者にされ』モリエール【著】

  2015/06/06    戯曲, 笑える本

 古典というと、どうしても堅苦しいイメージが付きまとう。  そこから何か学ばなけ …

絶望名人カフカの人生論

かなりネガティブな僕たちのヒーロー名言集『絶望名人カフカの人生論』頭木弘樹【編訳】

  2015/05/28    名言集, 文学, 笑える本

 「笑っちゃうくらいネガティブ」と誰かが言っていた。  言い得て妙である。カフカ …

時をかけるゆとり

ただ者ではない現代っ子の脱力エッセイ『時をかけるゆとり』朝井リョウ【著】

  2015/05/06    エッセイ, 笑える本

 朝井リョウの代表作である『桐島、部活やめるってよ』を読んだ時、これは何かの冗談 …

全力でふざけていたい!『日本一「ふざけた」会社のギリギリセーフな仕事術』シモダテツヤ【著】

  2015/03/11    ビジネス書, 笑える本

 あれはオモコロというサイトによるものだったと思うが、株式会社バーグハンバーグバ …