ビジネス書, ブログ運営

 『ドリルを売るには穴を売れ』(佐藤義典・著、青春出版社)はマーケティング入門の良書にして定番である。

 この「ドリルを売るには穴を売れ」という奇妙なタイトルは『マーケティングの発想法』(セオドア・レビット著、1968年原 ...

ブログ運営

Photo by Paul Braverman

 
 書評ブログについては「レッドオーシャンである」「いや、ブルーオーシャンだよ」との双方の見解が聞かれるが、当書評ブログ「飄々図書室」を2年間運営してきた私の実感としては「レッド ...

動物・植物

 私たちが巨乳を好むようであるのは自明である。雑誌のグラビアや成人向けビデオにおいても女性の殆どは大きめのバストを携えていることが多い。

 なぜ巨乳が好まれるのだろうか。誰もが言うだろう「だってそりゃあ、大きい方がいいじゃ ...

ビジネス書

 グズ=先延ばしは人間の根本的な問題である。誰もが先延ばしと戦っている。どんなに優秀で行動力のある人間であっても。

 先延ばしは百害あって一利なしであると誰もが認識しているにも関わらず誰もが先延ばしという底なし沼に足を絡め ...

ビジネス書, ブログ運営

Photo by Thomas Leuthard

 
 私事だが2017年1月からアフィリエイト事業において個人事業主になった。会社にも勤めているので兼業である。

 個人事業主になるためにすべきことは管轄の税務署に「 ...

ビジネス書

 「幸せになる方法」というと哲学や自己啓発の領域の話になりがちだが、本書『幸福の「資本」論』(橘玲、ダイヤモンド社)が示しているのは「ここ日本において」幸せの土台を築く方法である。それはつまり極めて現実的な方法論であり、間違っても白馬 ...

ビジネス書

 得をする方がいいし、損をするのは嫌だ。そんなことは決まっている。

 ベストセラー作家・橘玲氏の多くの著作では「経済合理性」がテーマになっている。手元の辞書によれば「合理性」とは「無駄がない」という意味である。

ビジネス書

 「科学的」という言葉に弱い。私は幼少の頃、なぜか「科学的に証明されている」という言葉を気に入って、「それって本当なの?」という意味で「それって科学的に証明されてるの?」と両親にいろいろ尋ねていたのを憶えている。今も昔も私は極端なほど ...

ビジネス書

 本書『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』(森岡毅・著、角川文庫)はマーケティングの優れた入門書であると共に、胸熱のノンフィクションであり、仕事をする全ての人のための書籍である。

 USJの業績V字回 ...

ビジネス書

 「エッセンシャル思考」とは本当に重要なことを一つだけ選び、それに集中するための技術である。

 たった一つだけに集中することによって、少なくともその一つのことを成し遂げることができる。「たった一つだけじゃ少なすぎる」と思う ...